グロブダー(電波新聞社)

このゲームは、ナムコのアーケードゲームを移植した作品です。
しかし、元になったアーケード版は1度しか、プレイしたことがありません。
それは、何故かと尋ねたら、一言、
「難しすぎる!」からです。
何が難しいかと言われたら、敵の弾が速過ぎて、
私がボタンを押す前に自機が破壊されてしまうのです。
それは、もう、一瞬の出来事であった。
それ以来、二度とゲーセンでグロブダーをやることはなかったのである。
「もう、一生このゲームをやる事はないだろう」と心から決めていたのである。

ところが、
な、何故か、兄の買ってきたゲームの中にグロブダーがあるではないか!
早速、アーケードでの復讐をするためにレッツプレイ!
しばらく、遊んでいると、
「これ、面白れぇぞ〜!」
88版をやって、初めて面白い事に気が付いたのである。
アーケード版では、速すぎたスピードが88版では丁度良いスピードになっているのだ。
88は性能的にアクションが苦手なのが、幸いしたのだろう。
ただ、敵の戦車を倒すだけのゲームだと思っていたのが、
実は、戦略性のあるゲームだったのである。

例えば
レーザーとシールドの使い分け
壁の隙間からレーザーで攻撃
壁を利用したヒット&ウェイ
敵を破壊した後の爆風を利用して、他の敵を倒す
等...
様々な戦略を取る事が出来るのである。
後、爆風で敵を倒すと高得点が入るので、ハイスコアを狙うのも、面白いのである。
ステージも99面もあるので、飽きさせません。

この88版は動きがカクカクしているのが欠点でが、
それでも、十分面白いゲームである。
もし、88版を遊んでいなかったら、一生この面白さに気が付くことは無かっただろう。

最後に八八先生の裏技講座。
タイトル画面でXキーを押しながら、Zキーを押すと、ステージセレクトが出来ます。
Cキーでもステージセレクトが出来ますが、50面までしか選べません。


八八先生に戻る

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット